GF1+ニコンレンズ

 ニコンのAF85f1.4Dで撮ってみました。

 結論から言うと、開放での被写界深度が深くなるせいか、
このカメラのシャープネスが高い傾向のせいか、設定を
スムースにして撮っていますが、開放でのこのレンズの特徴である
ふわっとしたボケ味が味わえなくなっているようです。
 とはいえ、きれいなボケ味であることは確かですが。
 3,4枚目は露出を+しています。

 パンケーキと比較すると、このカメラで撮る限り似ているボケ味
のように思えます。パンケーキはかなり優秀です。

 このカメラ購入の目的が、携帯性の良さと、ニコンの
上記レンズを使ってみたい、だったのですが、このレンズを付けると
完全に携帯性がスポイルされるわけで、こんなことに気づかなかったとは
トンマでした。

 今、一番ほしいのが、大きいレンズを使った場合にバランスと良くする
ためのグリップ(売ってないでしょうが)です。
 しかし、「携帯性」はどこへ行ってしまったんでしょう(笑)。
これでは、普通の一眼レフと携帯性で差がつきませんね。
 やっぱり、このカメラにはライカMマウントレンズ位の大きさの
レンズが合っているようです。
c0020738_17563663.jpg
c0020738_17565460.jpg
c0020738_1757964.jpg
c0020738_17572318.jpg
c0020738_17573830.jpg
c0020738_17575689.jpg
c0020738_17581245.jpg
c0020738_1758364.jpg

by corobo | 2010-02-06 17:59


<< L.L. Bean サクマ ドロップス パート2 >>